スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋市科学館

 今日はWCS観戦が一番の予定だが、午前中は時間があるのでちょっと名古屋をうろうろしていた。朝は科学館に行って「ふしぎ昆虫パワー」という特別展を見てきた。現在の建物では最後の特別展ということだった。全然知らなかったのだが、科学館の天文館と理工館が建て替えられるらしい。私にとっては小学生時代の思い出の大きな割合を占める場所だけに感慨深いものた。プラネタリウムも会員だったので見放題だったし、学芸員の方からいろいろと話を聞けて楽しかった思い出がある。そのときも普段は使わないような機能を見せてくれたり、仕組みとかを説明してくれたのを覚えているが、8月も「プラネタリウムの全て」といって現行機種の全機能を見せるプログラムで上映が一般投影枠でやっているそうだが、残念なことに行った時にはすでに全部券が売れてしまったのか見る事はかなわなかった。残念だ。 とりあえず、特別展と常設展示を見て回った。なんだかんだで意外と特別展ばかりで理工館の1階の常設展はあまり見たことがないのだが、それ以外はいつも通りだった。 一応バブル時代に小中学生と過ごしてきた身だが、科学館の高度成長時代とかバブル前時代みたいな雰囲気でありながらところどころに新しいものがあるという所はけっこう好きだったのだが、新しい科学館がどんなものになるのかも楽しみだ。 特別展はいろいろと昆虫のことを展示していたが、特に気になったのはミウラ折と昆虫の立体映像だ。立体映像は生命館の地下のホールの立体映写と同じ偏光型のものだったが、久々に見ると何か変な感じだ。ミウラ折は幾何学かベクトルの何かの授業で習ったことがあるものだが、もう何年も前の話なのでいろいろと忘れているのが残念だ。あと蜘蛛の糸のロープも現物は始めてみるものだった。ロボテクスの展示はちょっと疑問なところもあったが、おおむね楽しめた。
 その後松屋で軽く昼ごはんみたいなものを食べて用意をしてWCSの更衣室へ向かった。今日は疲れたのでWCSの話しはまた後日書くことにする。

スポンサーサイト

 大須とか

 今日はパレードを見る以外は予定が無いのでニュージーランド人のルームメイトの観光をかねて名古屋をうろうろしていた。
 まずは熱田神宮へ行った。ルームメイトに何か日本的なものも見せようと思って連れて行った。出身地がばれるが、通学路だったところなので隅から隅まで見慣れたものなのだが何か癒される感じがするところだ。一人で特に用事がなければ近くの名鉄百貨店でちょっといいお弁当を買って池の側で食べるところだが、今日は他に用事があるので先を急いだ。ニュージーランドの彼には悪いのだが、明日着る衣装の靴を忘れたので堀川沿いに数年前に出来たホームセンターに買いに行った。
 その後神宮西駅まで戻って錦通りのパレードを見に行ったのだが、もしかしたら伝馬町のほうが早かったかも知れない。パレードには少し遅れてしまい、最初の方が見られなかったが大抵は見られたと思う。
 その後オアシス21に行って適当にバスターミナルとかを見てスターバックスでちょっと休んでから名古屋城へ行った。本丸御殿を復元するんだとかで工事中で工事の様子を見学できるようになっていたので普段とは違ったところを見ることが出来た。あと、名古屋おもてなし武将隊のパフォーマンスも近くで見られてよかった。パレードでも見たが、錦通りのパフォーマンスの後も名古屋城での定時のパフォーマンスをしていてご苦労さんですとしか言いようが無かった。見るからに暑そうだし、汗だらだらで踊っている様子は見るからに大変そうだし、そういう鎧系のコスプレを知っている身としてはなおさら同情してしまう。見ていて思い出したのだが、去年開府400年記念プログラムの一環で武将隊のパフォーマンスをする人のオーディションの募集をしていたのを思い出した。今おもてなし武将隊として演じている人達はそのときの選考で選ばれた人たちなのだろうな。
 その後、大須に行ってパレードを見てきた。目的の半分は明日の合わせで会う予定のレイヤーさんたちに挨拶をすることだ。 私は更衣室のチケットを取れなかったので一般参加なのだが、仕事が忙しかったので仕方がない。合わせ予定のレイヤーさんたちとは無事会えたのだが、そこでるーみっく作品合わせとか、ハチマルと一緒に写真を撮っているのを見るとやはりそこに加われないのが悔やまれるところだ。 パレードの後のコスプレ騒ぎの後は大須の町を回ったり、大須祭りのステージパフォーマンスを見たりしてすごした。改修工事も終わって新しい町として生まれ変わったような感じのところだが、裏道を入ると以前のままの雰囲気が残っていてそのギャップも面白いものだ。その点では改修前とあまり変わっていないということも出来るが、この町も変化し続けているところもあるということだろう。年を追うごとにアメ横ビルの中の空きが目立つようになってきているのは残念な感じだ。小学生時代の私の電子工作の興味に応えてくれていた場所として思い入れがあるだけにここが無くなったらさびしいだろう。今から思えば何でそんな怪しいところへもあまり迷い無く行く性格はこの時の影響なのだろうか。 最後に盆踊りの山車がアーケードにかけた飾りを交わしながら進んでいるのを見て大須を離れた。
 その後は例によって矢場とんで味噌カツを食べてホテルに戻った。
プロフィール

猫又丸

Author:猫又丸
零細個人サークル、ねこたび研究所創立メンバー 所長兼第一研究室主任研究員。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。