スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ハロウィン

 今は日本にいるので、まさか変な格好で授業に出る日があるとは思ってもいなかったが、とあるクラスメイトの提案により、この日の授業は変な格好で行こうということになった。もちろん2人だけでいくとどうなるか分からないのでクラスである程度の人数でやることにした。先日までの話では40人ぐらいにはなるかという話だったが、当日は20人ぐらいだった。
 前日まで、私はどうしようか悩んだが当日は通常アサトのコスプレで授業に出た。 そもそも近くに付随する施設の関係もあり、普段からちゃんとした格好で登校するように言われているのでこの計画自体大丈夫なものかとも考えたし、私も一緒に乗っても良いものなのか悩んだ。クラスの雰囲気や期待もあるので乗ることにした。ある機会に外科的技術を披露して、おだてられた勢いで布を縫っているほうが簡単だとか言ってしまった手前ということもある。とりあえず今回の計画ではほかにも事務的な面はともかく授業ではあるので先生方がどう思われるか心配だった。しかし、ほかのクラスメイトたちが大分前からほのめかしていて先生も黙認と言うか結構乗ってきている感じだったので大丈夫かと思った。 その計画に乗るとしても一応場所が場所なのでもう少し無難な衣装がいいかと思って、コンビニラメントのアサトで行こうかとも思ったが、面白くないと言われたので通常アサトで行くことにした。 
 ほとんど学校敷地内に住んでいるとはいえ、当日は家から衣装を着て行くというのはさすがにきついので、上は普段の服で行って、教室の隣の別の部屋で着替えた。朝行くと教室には約束していた人たちがいないので仕方なく一人で別の準備したで着替えていたが、近くの別の教室から声が聞こえたので行ってみたところ、そこで合流できた。 やはりそれぞれの人の普段の趣味が出ているものだった。普段からディズニー好きな人は何かのプリンセスの格好をしていたし、東方好きの人は東方のコスをしていた。その人に関しては、私が衣装を作ったのだが。 午前中の授業の先生はけっこうフレンドリーな先生で飴を配ってくれた。授業が終わったあとは変な格好をしている学生で集合写真を撮ったときにも一緒に加わっていただけた。午後の先生は特に何も言われること無く授業をされていた。先生方以外にも、事務の方も教室に来るのだが今日は事務職員の中でも一番フレンドリーな方で授業後の片付けのときなどでも一緒に写真を撮ったりしていた。卒業アルバム用などにいい写真が撮れたと思う。
 授業のほかにも、昼休みには学食に買い物に行った。ほかの一団は学内のコンビニに行ったらしいが、私は「暇じゃないけどなのはのコスプレで登校してみた」動画に対抗したいのであえて食堂に行った。ほとんど医療系の学部の学生が使うところなのであまり反応はないかと思ったが、意外とスルーされる事は少なかった。 一応動画は録ってあるがアップしようか思案どころだ。上げたら頭狂大学タグのような大学系のタグの中では一番受けると思うが、私がやることでただの学生の悪ふざけではすまないことになってしまうのではないかと思うと心配だ。 もう少し考えてからアップしようと思う。何がともあれ楽しい一日だった。 写真は特に仲のいいクラスメイトと撮ったものです。 ほかの写真はまた何かの機会に。
ハロウィーン2010
スポンサーサイト

 バイオエキスポ

 予定通り、テストが早く終わったので、午後の授業を休んでバイオエキスポに行ってきた。 かなりの強行軍で疲れた。
 行きの電車では時刻表をよく見ていなかったので、乗った電車が乗換えを予定していた駅を通過するものだったので、そのまま新宿まで出た。台場方面にはわずかに遠回りだし、時間もかかるが一番簡単なルートなので、荷物があるときなどは時々使っているルートだ。昼を食べている時間も無かったので、電車の中でパンだけ食べて済ませた。案の定夕方になって空腹と口渇できつかった。 帰りは終電の数本前で余裕で日付が変わっている時間だった。

 内容としてはけっこう面白かった。ただ、時間が無くてあまりたくさん見られなかったのが残念だ。 会場は国際展示場の西館の3.4ホール以外全てと面積も言わずもがな、ブースの密度もかなりだった。ハムフェアとかコミケ以上に狭苦しかった。それぐらい展示が多くて、全く時間が無かった。まともに見られたのは西館の一部だけだ。 出来ることなら3日とも行きたかったがあまり授業を休むわけにも行かないので仕方なくあきらめた。
 あと、今の大学の名刺も持っていかなかったのが悔やまれる。前の大学のはもっていたのだが、どこかの企業が大学にコンタクトをとられたときに私の居場所を推察されるので避けたかったので使う気にはなれなかった。

 今回一番時間を掛けたのが、大学や企業の研究発表だ。例によって見たいものがいろいろ重なってすべては完全には聴けなかったが、発表会場が互いに近くて行ったり来たり出来たので大体はどんな発表をしていたのかは分かった。個々の発表のことを書くのはまた時間があるときにするが、中には所属の研究ユニットを選ぶときに考えようと思えるものもいくつかあった。 また自分の大学にある研究ユニットの発表にもなかなか興味をそそられるものがあった。意外と自分の側に居る人がやっている研究とかも知らなかったのだと考えてしまう。 他の大学も意外なところが出ていて面白かった。
 プレゼンは無かったけど、ブースだけ出している大学もあって、それぞれがいろいろと発表していた。 中には何者か分からないが、発表者と言い争いを始めてしまう方も居て、話の途中で途切れてしまったところもあった。 私の大学もパネルを出していて、そこで4人ぐらいの教授や講師に会った。2人は発表があると知ってたし、無料入場券をくれたので、そこで出会うとは分かっていたが、他にも居て驚いた。あと、学生もそこに居た。

 企業のブースももっと回りたかったが、研究発表の会場周辺しか回れず、東館に出していた企業のほうはほとんど見る時間が無かった。終わる5分前に駆け込んだ感じだ。 時間があったらもっと見たかった。
 あと、お金があったら本もいくつか買っていただろう。骨単とか臓単とかを出している出版社が新しく出した生薬単という本は3千円ぐらいで面白そうだったので買ったが、本当は同じところから出ている人体物理学の本が欲しかった。いろいろな内容がまとまっていて、リファレンスとして持っていてもよさそうなものだったし、全体を一通り勉強しようと思ったらけっこうよさそうな感じだったが、定価で2万強、値引きで1万8千ぐらいだったが、ちょっと手持ちのお金がないので買えなかった。 あと、新しいマイクロピペットとか、ハンディーブラックライトとか。余裕があったら注文したかった。

 またこの話も時間があるときに書こう。

BIOexpo

 バイオエキスポ

 今日の朝の授業で、班の担当の先生がバイオエキスポの招待状をくれた。その先生自身は骨形成の研究をされている方で、今回は発表もするそうで、その関係でかなりの量の招待券が手に入ったのだろうか。私が見た限りは10枚ぐらい無料招待券を配っていた。
 バイオエキスポとはけっこう大きなバイオテクノロジーのコンベンションで今年はビックサイトで開催されるようだ。 ちょっと目録を見た限りでもけっこう面白そうだ。
 しかし、コンというつくものには必ずついて回るお約束的な問題が今回も生じている。

 ひとつは同時刻に面白そうな発表が重なっていて選択を迫られるということだ。 似たようなトピックを固める主催者の気持ちは分からないでもないが、やはりある程度はばらすべきだとは思う。
 今回の場合では、光学系の技術とナノマシン関係が気になるのだが、固まってるので全部聞くことは出来ない。
ここにきてもまだ化学発光には未練が残っているらしい。今の場所ではDNA解析で使われている程度の発光体ぐらいしか出てこないのであまり派手ではないのでついつい道しるべの葉の光量と面積を思い出される。また個人的に続けようかな。

 話はそれたが、二つ目の問題は日程だ。今週の水曜日から金曜日なので、授業をいくつかサボらなければならないだろう。クラスの他の人とも話したが、たぶん木曜日の午後だけになると思う。出席をとる授業ではあるが、内容は大して重要ではないとの判断だ。 他にも多くサボる学生がいると思われるのだが、私がきいた限りでは木曜日に行くのが一番多そうだ。 水曜日は午後に大きい授業がある。金曜の午前も休める感じではないが、午後は基礎臨床工学なので人によってはこの日に休むのが一番損失がないという判断をするだろうが、私は金曜日の発表よりは木曜日の方に面白そうなのが集中しているので木曜日にした。 いまから楽しみだ。

 あと、ついでに期日前投票にも帰りにいけたら良いかと思う。 しばらくまた忙しくなるので実家に戻る時間がなさそうだ。



バイオエキスポ

 MRIたんハアハア

 書いてて恥ずかしいタイトルだ。こんな言葉始めて使ったわww 火曜日の授業に続き、臨床物理学の授業でMRIの話しがあった。相変わらず難しく体力を使い果たしてしまった感じで、、午後の一番の眼科一般の授業のときはほとんど起きていた気がしない。内容は光学の話で、ディオプトリーとか屈折率とかの話の入門編ですでに知っている内容だったので出席が関係なければそんな講師に失礼なことをせずに授業をサボってどこかで寝ていたと思う。 その後の共焦点顕微鏡の授業も講師の先生が全くやる気が無くてあまり意味のある時間でもなかったように思う。最後のDNAシーケンサーの話は結構面白かった。
 火曜日の授業でも感動したが、今日のMRIの授業も面白かった。話はT1やらT2やら、特定の物質を消す方法とか、前回よりは応用に近い内容だった。一人の教授が出してきた際差運動の式が周波数とか言いながら角速度の記号のままだったり、際差運動の回転軸とプロトンの回転軸が混同していたり細かいところが変だったが、他の学生には関係のないことだっただろう。 この授業は落としても留年にはならないし、ほぼ全ての学生はこの授業は単位さえ取れたらいいという態度で受けているので、いつも授業後質問に行く面子が限られている。 その中でも、どうも一般物理に関しては私はできる方らしい。編入生の中にはその専門分野だったところがめちゃくちゃ出来る人が居るのだが、大学時代に教養で本格的にやっていた人は居ないようだ。
 授業のあとにも質問に行きたかったが、その後の授業があったので十分話しが出来なかった。授業に関しては掲示板があるので非常勤の先生や、臨時で着ていた先生に質問とかは出来るようになっているが、文字しか扱えないのでどうしても内容が限られてくるし、直接話すのには及ばない。 
 昨日までの疲れがたかって今日は疲れた。

BLS講習

 今日は臨床物理学の見学があった。 私が目指している分野に近い科目でけっこう楽しい。 他の学生にも、特に編入生にも興味のある人が多いようだ。 クラスメイトの一人に無線技師の仕事をしていた人が居て、その人もいつもいろいろと知っているし、一緒に話を聞きにいったりしていて、いいクラスメイトに恵まれたと思う。あと、薬剤師出身の編入生の一人も話を聞きに行く常連の一人といった感じだ。 ここでまた感じるのが、数学がいかに汎用性のある科目かということだ。他の人のように工学が詳しかったりするわけではないのだが、クラスの中でもけっこう高度な話までついていっている一人であると思う。

 放課後はBLS講習があったのでそちらに行った。 本当は数学研究会がいいとこなので今週は休みたくなかったのだが、私の順番が今週だったので仕方がない。
 内容は運転免許のときにやるものと同じ内容の基礎的なことと、AEDを使うところまでやった。 一応心電図は多少は読めるはずだし、多少慌てていても電気除細動の対象となるような心電図も診断は出来ると思う。 本当はモニターつき除細動機とか変わったものもこの場でちゃんと勉強できたらよかったかとはおもうが、講習の範囲がAEDまでだったので、贅沢もいえないだろう。でもまあまあ楽しい雰囲気で出来たので良かったということにしよう。
プロフィール

猫又丸

Author:猫又丸
零細個人サークル、ねこたび研究所創立メンバー 所長兼第一研究室主任研究員。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。