スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 施設実習1日目だけど

 今日から1週間施設実習だ。今日は初日ということで8時15分からだったが、明日は8時半、明後日は7時と言う感じにシフトによって時間が変わってくる。 実習の内容も少し書きたいのだが、守秘義務があるのであまり書けないのが残念だ。個人の日記にも書くかというと書かない。自分が墓まで持っていくべきような情報は出来る限りその場で忘れることにしているし、記憶に残さないためにも、外部記憶にも残さないことにしている。 このような個人情報も、政治的に知っていてはならないことも全てだ。ただし、裏の世界で生きるための知識は記憶にとどめているが、外部記憶には残さないようにしている。
 話しは逸れたが、自分が何をしていたか、何を見たかは書く気はないし、うまい具合に忘れることが出来ているようで、思い出せない。


 話しは変わるが、そろそろ私にもコスプレの分野の国際的な活動から手を引くきっかけとなるチャンスがめぐってきたようだ。 以前からちょくちょく書いている在日外人レイヤーとの不仲だが、いよいよコスプレドットコムの運営側から介入があった。ほとんど私が悪いと言う判決のようなものと警告を受けた。 現在は私のアカウントでスレッドに書き込みが出来る状態ではないが、一応ログインは出来るので、他のお世話になった方々に挨拶を済ませたらコスプレドットコムのアカウントは削除しようと思う。他のユーザーの痕跡を見るに、アポトーシスをした方がネクローシスした場合よりまだ名誉が保てているように見える。

 まあ、そもそもの原因になったWCSスレで公式の「外国人と言えども、知らなかったでは許されません」的な部分のことを書き込んだところある外人レイヤーが私からの個人攻撃だと勘違いしたという現場は今も当時も静かなものだ。そのあとその人が立てた別のスレで私がコミケのコスプレルールの誤訳を指摘したところから、その人がWCSスレに続いてなぜ私が自分を攻撃し続けるのだみたいな女の子の泣きまねのような感じで、他の外人レイヤーを味方につけて私が規約に反するほどに無礼なユーザーだと言うことにしてしまったようだ。
 私からしてみれば、私の質問にも答えず、全然違う話題を持ち出してきて被害者を演じたり、「自分の友人の5人のうち4人はトイレで着替えるのでほとんどの外人レイヤ-はトイレで着替えると考えてもいい」的な発言を繰り返している方がよっぽど無礼に見える。 しかし、外人向けのスレで日本人の考えで無礼とか言い返すのだろうと言う地雷を撒いたつもりらしかったので、この事は最後の最後まで言わなかった。 まあ、言ったとたん運営の介入があったわけで、明らかに彼らとは違う価値観でものを言ったのが最後の1本になったのだろう。  アメリカ的におとなしく同情的な態度を演じ続けていれば問題は無かっただろうし、彼らも心地よかったかもしれないが、そのような馴れ合いからは進歩がないと思い、勇気を出して誤訳やら飛ばしたところを指摘してきたわけだが、彼らには不愉快だった様だ。  うん、私もバイアスのかかった情報で統計的だといったり、おかしなつながりの話をしたりして、数学や論理学を愚弄して私がなんとも思わないと考えている方がよっぽと不快です。

 個人的な通信は秘匿を守るが、運営が公式にスレに書き込んだ内容は相手も通信の秘密は放棄したのだと考え、内容の関係する部分をここのコピーしておきます。 この人も最善を尽くしていれば誤訳があってもいちいち指摘するのは無粋だと言いたいようだ。 あと、7年前のアメリカのレイヤーの中で起こった日本批判を知らないとか管理者としてちょっとまずいような気もする。そうでなければ、それこそ自分で言っている被害者を装う行為だということになってしまう。


 Staff message time.

Gasei, you are not "invading" anyone's "private space" here. This thread is open to anyone. What you are doing, however, is being rude. I'm not sure if you don't consider it rude and just think you're being helpful, but from a Western standpoint it's rude. End of issue.

I'd like just to say that doing one's best is a perfectly acceptable way of doing things from a Western point of view. It's not an excuse. We're taught that if you can't win, at least you tried your hardest and that's what matters. It works with everything. Like kiratsukai's translations. Even if they aren't perfect, she is trying very hard to bring information to others. And we appreciate it. We don't look down on her for saying she tried as hard as she could when it's wrong. To us, that is honesty. Please understand that.

It HAS seemed like you are picking on her in other threads. Then you do what looks to us as playing the victim, talking about how much she hates you and is rude to you. Stop it.

I would like to hear more details on what you mean by Japanese cosplayers in the U.S. Did someone break the rules and lose their reputation? I have been attending conventions in the U.S. for over 10 years now and I don't remember ever hearing anything like that. We are not quite the types to freak out over a innocent rule-breaking unless it hurt someone else.


スポンサーサイト

 今年もAXが終わった。

 アメリカに居たころはアニメエキスポが夏のイベントの一区切りのような感じだったが、日本にいるとまだ夏が始まっていない時期だ。 大学もまだ夏休みが始まっていないのでまだまだ夏という感じがしない。
 例年ならば、アニメエキスポにあわせて衣装を作って、残りの休みは技術的興味で衣装を作ったり、個人的な研究も始めていただろう。また急いで作った衣装の手直しや追加をしながら次のイベントに備えていただろう。
 今思えば飛来骨の研究もちょうど去年のこの時期にしていたように思う。あれから1年たつと思うと速いものだ。
 今はと言うと夏休み前のラストスパートと言った時期だ。テストが3つ続いている時期だ。出来れば夏の用意も始めたいのだが、時間がないというのが現状だ。 夏に作る予定の衣装の設定をまだ決められていないし、計算にすら取り掛かっていない。あと、委託に出すための同人誌のネームすら描けていない。ねこたび研究所の出版部が何年ぶりかに出すものなので気合を入れたいのだが、時間がネックだ。 ちなみに内容は「マンガで分かる統計学基礎をラメントキャラでやってみたら余計に分からなくなった」というただの学習マンガにしようと思う。いろいろと暖めていたねたはあるのだが、時間がかかりそうなので今回は見送った。とはいっても統計学も、数学学士が(下手したら博士課程前期に居た癖にとか言われそうだ)ミスを出来ないので落ち着いて書かなければならないようにおもう。

 アニメエキスポのほうはどうなったかと思ってyoutubeとか探したが、まだあまり動画が上がっていなかった。 調べた限りでは、チーム名は分からないが、スーパーヤオイブラザーズ、もののけ姫、ヘタリアのスキットが上がっていた。画面が揺れていて細かいところまで見えるものが無かったが、技術狙いのものは無かったように思う。 もののけ姫のチームはぱっと見なかなかの出来だが、詳しいところまでわからないとなんとも分からない。あのタイプのきぐるみ系はもしかしたら新技術が絡んでいるかもしれないので、なんともいえないが、特に変わったことがなければあの中に入賞を狙えそうなものはないように思う。
 今年の世界一のコスプレイヤーの名は誰のものになったのか気になる。 また知り合いの誰かだったら面白いだろう。

 疲れがとれない

 今日は一日中疲れていた。でも今日の夕飯がないので買い物には行った。 ただの買い物なら別にいいのだが、お米を買わないとないのでちょっと遠くの店まで行った。しかも坂がきつい。

 それはともかく、ロスでAXに言っている友人と少し話した。去年一緒にマスカレードに出たレイヤーで今年は私が行けないので、別の人と出ることにしたそうだ。 AXは2日目でちょうど技術審査の日だ。現地時間で10時から12時までの間の枠を取ったらしい。出場整理番号は58番ともしかしたら最後かもしれないという番号だが、技術審査の順番には関係ないのだ。 去年とおととしも出たときもそんな感じだった。去年の番号しか覚えていないが、調べたらその前の番号と技術審査の時間も分かると思う。去年は私のチームは25番で技術審査は午後の2グループだった。
 その人は今年は私が作った型紙を使って衣装を作っているのだが、実際にその衣装はまだ見たことがないので、こちらの時間であさってぐらいにyoutubeにアップされるのを見るまで分からない。 私が直接完全な型紙をコピーして渡したのはその人しかないなので、個人的にも完成がどうなったか楽しみである。 他にも、その衣装を作るのに関わったノウハウを教えた人は何人かいるが、未だにコンタクトを取っているのは世界で数人しか居ない。

 あと、ニコ動でAXの生中継みたいなことをやっていたが、あまり面白くなかったので全部は見ていない。でも行きたいな。
 見ていて思い出したが、今年は日本人レイヤーが集まる企画はどうなっただろうか。去年までだったら、アメリカ国内や他の国で活動している日本人レイヤーや、自力で日本から来たレイヤーが集まっていて、そういった国際派レイヤーの皆さんと交流する数少ない機会であったと思う。

アニメエキスポ行きたいなー

 もし明日テストが無かったらおそらく学校を休んでロサンゼルスに行ってたと思う。 本当にアニメエキスポに行きたかった。
 自分にとってアニメエキスポは本格的にアメリカのアニメコンベンションにレイヤーとして参加し始めるきっかけとなったイベントなのでなおさら思い入れがある。 いろいろと思うことはあるので、どれから書けばいいか分からない程だ。

 まずレイヤーとしてではなく、一人のACGNファンとしてアメリカのコンベンションの作法をいろいろと勉強できたのもAXのおかげだと思っている。 他の地元の小さなコンベンションではなく、世界的にも大規模なコンであるAXが自分のアメリカでのコンベンションの初参加だったのは幸運だったと思う。 知っての通り、アメリカは本当に多様性に富んだ居て、それはコンについても言える事だ。様々な開催方式があり、様々な規模のものがある。その中で標準的なものを見出していくのは非常に難しいことだ。 コンでいえば、AXは比較的標準的な開催方法であり、規模が非常に大きいとはいえ、AXで作法を学んでおけば大抵のアメリカのコンは渡っていけると思う。
 もう何年も前になるが、私が始めてのコンでAXに行くときには、何も分からず、大変苦労した覚えがある。当然今のようにAX観光ツアーや日本語の公式ページがちゃんとしている時代でなく、日本人には全く出会わなかった。 そんな中、アメリカのコンのブロックホテルのシステム、コンベンションのルームシェアリング、バッヂ入場システム、パネル、ディーラーズホール、アーティスツアレー、メインイベント、ゲームテブールルーム、マスカレード、ボール、マンガ図書室、などなど、アメリカのコンに見られる独特なものを苦労しながら自分の目で見てきた。他の小規模なイベントではこのうちのどれかが抜けることはあるが、AXで全てを見たら、他のコンはその組み合わせだと分かるだろう。 唯一の例外が、ホールコスチュームコンテストだろう。コスプレコンテストの技術部門だけのもので、衣装製作技術のガチ勝負だ。 何にしても、今のように日本人向けのサービスがある時代で無く、本物のコンベンションを自分で体験したので、そこらへんの日本人よりははるかに現実を知っている自信がある。また自力でそういったものを身をもって学んでいった経験は他のことにも挑戦する姿勢を教えてくれたものだと思う。

 また、レイヤーとしてもAXではアメリカのレイヤー文化を勉強した。 一言で言うと、日本のコスプレ文化がいかに閉鎖的だったかということを痛感した。 細かいことはいろいろあるのだが、アメリカのほうが自由に楽しんでいる感じだ。 
 イベントの前には、掲示板であわせの募集、その時にやることの計画、レイヤー同士のルームシェアの雰囲気。 イベント中では自由な撮影の場、技術交流、写真撮影に留まらないレイヤー同士の交流、またそのイベント毎のセキュリティー制限、安全基準、着替え場所などの習慣。 コンテストに出る身としては、オンラインエントリーとウェイトリストライン、技術ランキング、技術審査、事前アフレコ、プレゼンテーションのコードなど挙げたらきりがない。
 これもまた、アメリカに活動中の日本人レイヤーを他に見かけない状態で、全て自分で学んでいったものだ。今のようにアメリカのコンにレイヤー参加するというツアーもない状態で全くゼロの状態から手探りで進んでいったことは今となっては、自分でもよく出来たと思えてしまう。
 実を言うと、そのアメリカのコンにレイヤー参加しようツアーは個人的にはあまり快くは思えない。ただでさえ、踏み外したレイヤーのちょっとした行為にアメリカでの日本人レイヤーの評価が危機に晒されるからだ。 以前にも、コンベンション内ではっきり許可を出す前に写真を撮られたとか言ってもめて某掲示板を炎上させた人が居たが、はっきり言ってアメリカのコスプレ文化を知らないとしか言いようがないものだった。 その中で事を収拾していた日本人レイヤーとして、私は今の状況を危惧している。少し前にも、コスモードの編集長の対応で日本のコスプレ文化への信頼がかなり落ちたが、このようなことが続くことはあまり見て居たくない物だ。私が築き上げることが出来る信頼は私が直接関わった人たちにしか及ばないものだ。
 話は大きくなったが、そうやってよく分からずに来た日本人レイヤーがどういうトラブルを起こすか心配でならない。 一番問題なのは、英語が読めないとかで、レギュレーションを理解していない人もコンに連れて行こうとしている人たちだ。 レギュレーションを理解していくのは最低限のことで、実際に現場に行くと、それに加えて不文律が存在しているので、それも読み取る力がある人に絞るべきだと思う。 私も金属探知機を使った安全検査や、防火加工などの製作基準などはレギュレーションに無く、現場で学んだものだ。 そう言うのがあるので、あまりビジネスのためとはいえ、変な人には行って欲しくないものだ。

 話は長くなったが、細かいことは機会があったらもっと書こうと思う。

 雨の日は

 実は今日は数年来のレイヤー友達でWCS2005ぐらいで日本代表を務めた方からお誘いがあったので近くで開催されているコスプレイベントに行く予定の日だったのだが、昨日の段階で天気予報が雨だったので行かないことにした。
 私が今居るところは、そこそこ大きな山が近くにあって、局所的には天気予報があまり当てにならないところなのだが、今日は本当に天気予報どおり一日中雨だった。ちなみに、そのイベントが開催されているよみうりランドとは大抵の天気予報サイトでは私が居るところと同じ地区に入っている。どちらにしても、関東一帯は今日は雨だったようなのでよみうりランドも雨だっただろうと予想できる。 前日に慌てて中止にしたが、無理していかなくて正解だったかと思う。
 その方と一緒にイベントに行けなかったのは残念だが、しばらくは日本に居る予定なので、また機会はあるだろう。 相手も、アメリカに住んでいたことがあるようなので、私がどこか言っても他の人ほど海外では会い難いということもないだろう。

 イベントにはいけなかった分少し時間ができたので、来週から実習で居る靴を買ってきた。ついでに手袋とベルトも買った。 あわよくば、作業着も買いたかったが、ものがものだけに行った2軒の店ではどちらにもおいていなかった。 とりあえず、靴だけは今週中に要るので買えて良かった。そのあと、暑いなか、味噌汁と、おからを作った。これでしばらくはお弁当の用意だけで料理をせずにすむ。ただ、気温が高くなってきたのでまあり長期間の作りだめ作戦はうまく行かないだろう。
プロフィール

猫又丸

Author:猫又丸
零細個人サークル、ねこたび研究所創立メンバー 所長兼第一研究室主任研究員。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。