スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 チルノの羽、どうしたものか

 しばらく関わっているチルノの衣装もそろそろ完成だが、最後の難関が羽だ。 
 羽といっていいのか分からないが、背中についているあれだ。 とりあえず、簡単なものでいいということで針金で服の中の穴から出すという形にすることにした。 前回までであの8角形の枠は出来たので今日はこれに布を張るということだったが、きれいに平面になるように布に張力を掛けると枠が曲がってしまうことが分かった。

 そもそもなぜいきなりプラバンやアクリルなどで作らないかというとひとえに安全のためだ。この枠も完全には頂点をあわせずに力がかかったらすべる方向に外れるようにしてあって、他の物や人にぶつけてもこちら側が曲がるように出来ている。また、素材もプラダンボールを切って作った棒で横からの力も曲がって吸収できるようにしてある。縦方向の力は受け流せないので、角のつけたかを工夫したということだ。 また軽量化という点でも気を使った。質量を少なくしておけば、運動量一般を少なく抑えることができて、安全性では大切だ。

 そんな感じでここまでうまく行ったのだが、プラ段ボールの横からの力の弱い力の吸収性を甘く見ていた。上にはる布のトーヌスだけで曲がってしまうようだ。ある程度張力をかけないと、角がきれいに出ないだけでなく、平面がきれいに出ない。
 布の変わりにウレタンでも張る手もあるかもしれないが、あまりきれいに平面が出なさそうだし、テクスチャもいまひとつだろう。ウレタンの上に何か張るのもありだが、そうすると重くなりそうだ。
 ミレハンということも考えたが、あまり張力をコントロールできないのも難点だし、そもそも完全に透明なので自分で色を塗らなくてはならず、不透明に均一に塗るのは大変そうだ。 そもそも生産中止になって久しいので入手しにくそうだ。
 塩ビやアクリルは角が危ないし、ほとんど力を受け流せないのであまり使いたくない。

 どうしたものか。

チルノの羽根の枠
スポンサーサイト
プロフィール

猫又丸

Author:猫又丸
零細個人サークル、ねこたび研究所創立メンバー 所長兼第一研究室主任研究員。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。