スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テスト

 今日は生化学のテストがあった。 テストは4月からやっている内容の全範囲をカバーしていて、これで期末試験だ。前の大学でも生化学の授業が開講されていたが、通年科目だった。バイオエンジニアリングや薬学の学生対象の物で今やっているものより内容が少ないにもかかわらずかなり難しいという評判だった。それに比べると今やっているのはさらに内容が高度である上にたったの2ヶ月で全部やろうとは無茶だと思う。

 暗記は嫌いだが、この科目を趣味で出来るのなら楽しいだろうとは思う。 まさしく生命の奇跡と言うか何と言うか有機的な(炭素が入っているというわけじゃなくてww) 反応と反応、基質と基質のつながり、それを可能にする無数の酵素のバンク。ただの有機化学の(こっちは炭素の化学) 反応だけでは到底出来ないようなむちゃくちゃな反応があんな2.3μm の細胞の中で行われていると思うと言葉もない。 あと、それを全て解明しようと積み重ねてきた研究の数々も大変なものがあったと思う。

 ただ歴史が浅い分系統的にどう教えるべきなのか、どうまとめるべきなのかが確立していないようでいろいろと無理が出てきているように思う。人の手で誰かの都合のいいようにということで作られたものでもないのに暗記に頼る学習法しかないと言うのもまだまだ発展の余地がある分野だといういいしるしだと思う。 
 あまり高度な例を出すと分かる人が少ないので出さないが、たとえば数学なら、人類が数学を使っていた歴史的証拠は約2万年前の集落の骨塚から見つかっている。それからたとえば3:4:5の辺の長さの三角形が直角三角形だと言う知識を獲得するのが紀元前数千年前の話だ。 ここまで発達した学問分野では系統的にまとめられていて、その1万7000年ほどの間に発見されてきた知識を中学までのたったの15年そこらの人生でストレス無く身に付けられるようになっている。 それを考えると生物学はせいぜい数百年の間に発見されたことを知識として身に付けるだけでも一般の大学生でも20年そこらの人生では無理がかかっているように思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

猫又丸

Author:猫又丸
零細個人サークル、ねこたび研究所創立メンバー 所長兼第一研究室主任研究員。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。