スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 討論の授業

 今とっている授業の一つに、討論の時間があるものがある。 何か適当に学生を14ぐらいのグループに分けて、応用問題を討論しながら解くというものだ。グループによってどんな進め方をするのかはばらばらなので、グループごとに中間や期末の試験で成績に差が出るようだ。
 少し自慢だが、私がいる班はかなりちゃんとやっている方だとおもう。 班によってはやってくる問題をあらかじめ割り当てて全員が全部の問題をやってこなくてもしていたり、討論になっていないところも多々あるように見受けられる。
 私の班でも負担が大きいので割り当て制にしようかと他の学生から話しがあったのだが、遠まわしに断ってきた。確かに問題の難易度や量を考えると全部やるのはかなりの負担になるが、私としては学習効果を期待したいし、特に編入生はともかく一般学生には特に、学問の場での討論というもののやり方を身につけて欲しいというのもある。 その点では私の班は他の班よりもメンバーの平均レベルが高いと考えている。他の班ほど、優秀な編入生が多いというわけでもないが、私ができることは出来る限りしているつもりだ。
 この科目に関しては、代々の謎の先輩ノートや、虎の巻が存在していて、自分で予習しなくても特別成績に響くようなことにはならない状況ではある。その中でもやってきている振りをする方法を身につけるという点でも多少は意味のあるものではないかと思っている。現に私の班でも常に虎の巻を使っていると丸分かりなのが2人居る。日によっては自分でやっていないのがわかるのがあと1人居る。ただ、そのうちでもうまく振舞って知ったかぶりできるところではうまくディスプレーできていると思う。
 問題なのは全くやっていない人が1人居て、しかも討論をぶち壊しにすることばかりしている人が居るということだ。へんな言い方だが、私でもその破壊力を抑えるのに苦労している。まず全く予習している様子がないのだ。私も司会のときは予習していなくても解けそうな問題を振るのだが、即興能力が低く、こちらが対応に困ることをしてくれる。結局無茶なスルーをしても指導教員からは何も言われなくなっている。
 それだけならまだしも、討論以前に班のアカデミックな雰囲気をぶち壊しにしてくれるのでかなり困る。他の授業でも、授業の終わりの質疑応答のときとかにも、もう授業は終わりですかとか、もう帰ってもいいですかとかいう発言をするという状況だ。 いい加減私も我慢が限界になりそうだ。幸い私が教える側に居たときにはそんな学生は見たことが無かったが、自分のクラスでそんなことを言う学生が居たら、まずは一回切れるだろうと思う。それで治らなかったら受講拒否にして他の講師のところに回すと思う。あとは学年主任にでも押し付けているようなものだろう。今のクラスの教授達もかなり意欲がそがれるのではないかと心配している。
 以前教える立場に居たという経験から、私も授業を受けるときは、先生が気分よく教えられるように振舞っているつもりだが、それが全てぶち壊しになっているようでいい気分ではない。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

猫又丸

Author:猫又丸
零細個人サークル、ねこたび研究所創立メンバー 所長兼第一研究室主任研究員。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。