スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今年のWCSエントリー

 どうしても都合がつかなさそうなので今年は世界コスプレサミットにはエントリーしないことにした。 やっぱりチームで出なければならないとなるとかなり制約が出てくる。
 今まで何回エントリーしたかすぐには思い出せないので数えてみると実際にエントリーまで至ったのが2回だけだ。 何度もエントリーしようとしていたのでもっとエントリーしている気がしていた。
 始めてエントリーしたのが2005年だっただろうか。とりあえず、私が始めて衣装を作った年だ。ちょうど日本に来る事になっていたアメリカ人のルームメイトとエントリーした。 2回目は次の年で、京都に住んでいる外大の友達とエントリーした。その年は書類審査を通ったのだが日本予選の日に台風で電車が止まって棄権したのだ。
 もともとは前の年に知り合ったほかのレイヤーとエントリーする話をしていたのだが、しばらくは返事が来ていたのだが、じきに音信不通になってしまったのだ。
その時に作った鴉の鎧は私が初めて作った鎧系の衣装だ。今は当時よりも計算能力があるので、型紙を直す余地が見当たるのだが、それでも試行錯誤で鎧の型紙を作っている他のレイヤーとはちょっと違う感じの型紙だと思う。そのときのノウハウは後の闘牙王や殺生丸の型紙で進化して行っている。

 今年の話をすると、やはりもともとは別のレイヤーと出るつもりをしていたのだが、またまた途中で音信不通になってしまった。 そこで前の年にアニメエキスポのマスカレードに一緒に出たレイヤーに話を振って、いけるかもしれないという話だったのだが、その人の予定が合わなくなって直前になってまたチームメイト探しに走ったが、どうも無理っぽい。 そのころWCS2003ぐらいで日本代表を務めたレイヤーで数年来の知り合いの方からイベントに行くお誘いがあったので、WCSにエントリーする話を振ってみたのだが、あまり気が進まないようだったのであきらめた。

 去年とおととしのアニメエキスポで優勝と入賞を繰り返しているスーパー海賊というチームのレイヤーの方々と知り合いになっていろいろと話を聞く機会があった。そのチームも毎年決勝まで行く度胸があるだけあってかなりレベルが高く、毎年アニメエキスポではパネルを主催している。
 関係ないが、私も厚紙などの非伸縮性素材から鎧を作る技術でパネルを持ったらどうかという話があったのだが、当時はまだアニメエキスポというハイレベルなコンベンションで渡り合えるだけの英語力があるという気がしなくて丁重にお断りした。 
 それはともかく、そのスーパー海賊の方々に言わせると私は技術的には世界トップクラスの一人かもしれないが世界一には決してなれないだろうといわれたのが印象に残っている。その方々が言うには、やはりハイレベルな人間が一人で出るのでは、まあまあなレベルのレイヤーが絶妙なチーム作業を実現しているのにはかなわない世界だということだ。自分のレベルに合ったチームメイトと、それをサポートする人たちが居て初めて世界一を狙う人たちと遣り合っていけるのだと説教された。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

猫又丸

Author:猫又丸
零細個人サークル、ねこたび研究所創立メンバー 所長兼第一研究室主任研究員。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。