スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合宿 1日目

 数学研究会で合宿があった。2泊3日の予定で、箱根に行くのだ。 箱根は近くなのだが、観光名所の意味合いでは言ったことが無くてちょうどよかった。 以前行った時は箱根より山の中の強羅というところまで行った。

 朝の集合は案の定遅れてくる人がいて、その人とは現地であとから追いついてもらうことになった。来年からは大学院へ行こうという大人が手本を見せないでどうすると言ってやりたいところだ。
 その人は置いておいて、予定通り、電車を乗り継いで箱根湯本駅まで出た。そこで適当に昼ごはんを食べてマイクロバスに乗ってホテルまで行った。 たいした距離でもないし、宿の客ばかり送迎するバスなのに100円もかかった。しかも運転手さんがすごく無愛想な人だった。アメリカにいたらチップは出さずに降りるところだ。あと、ワゴン車みたいな車にかなりの人を無理に乗せるのもどうかという気がした。定員オーバーなのは用意に予想できるような状態だった。 乗るときに久々にリア充爆発しろと感じてしまった。普段は別にカップルとか何とかは気にならないのだが、そのせいで周りに迷惑をかけるのはいかがなものかと思う。今回は一列しかない座席に男の方が座って女の方がその側に立っていたのだが、出発前に別の一団が乗ってきて混んできたので、運転手さんが後ろにつめるように言ってもその女の方が動きたくないといってつめなくて周りの雰囲気が悪くなっていた。普通免許で運転できそうなほど小さいバスでそこまでくっついていたいものかと聞きたい。
 宿の建物の前で送迎バスから降りてチェックインしようとしたら、今回泊まるのは別館だということで連絡通路を通ってはるばる別館まで行った。 本館の方はそこそこのハイグレードなホテルで、こんなところに泊まれたら良いなと思っていたが、やはりそこは値段相応なところに行くことになっていた。 別館もいいホテルだし、大浴場からも近くていいところだったが、本館のフロントからはけっこう遠いし、いったん外に出て坂を上ったところにあるのでちょっと不便なところだった。
 部屋で少し休んだあとは少し駅の方に降りていって途中の滝を見に行った。けっこう高級そうなホテルの建物の裏にあってわかりにくかったが、ホテルが管理しているのか、観光場所としていろいろな人工物で整備されていた。滝の上の方にミストのスモークマシンがあったり、謎のポンプ室があったり、木の間に迷装柄の幕が張ってあったり、いろいろと。
 そのあと、もう少し下にある和菓子屋と酒屋と、ホテル併設のコンビニに行って戻った。 そのあと、おのおのカップラーメンとかコンビに弁当とか夕飯を食べて、風呂に入って、夜の飲み会となった。
 何と言うか、皆さん青春をしてますね。 何か自分もその中に入れているのか、混ざって良いものなのか、それとも年長者としていた方が良いのか考えさせられた。
 そんなこんなで結局1時か2時ぐらいに寝る事になったのだが、同室の2人が5時ぐらいまで2チャンネルを読みながら騒いでいて眠れなかった。

 そんな感じの合宿1日目だった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

猫又丸

Author:猫又丸
零細個人サークル、ねこたび研究所創立メンバー 所長兼第一研究室主任研究員。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。