スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋市科学館

 今日はWCS観戦が一番の予定だが、午前中は時間があるのでちょっと名古屋をうろうろしていた。朝は科学館に行って「ふしぎ昆虫パワー」という特別展を見てきた。現在の建物では最後の特別展ということだった。全然知らなかったのだが、科学館の天文館と理工館が建て替えられるらしい。私にとっては小学生時代の思い出の大きな割合を占める場所だけに感慨深いものた。プラネタリウムも会員だったので見放題だったし、学芸員の方からいろいろと話を聞けて楽しかった思い出がある。そのときも普段は使わないような機能を見せてくれたり、仕組みとかを説明してくれたのを覚えているが、8月も「プラネタリウムの全て」といって現行機種の全機能を見せるプログラムで上映が一般投影枠でやっているそうだが、残念なことに行った時にはすでに全部券が売れてしまったのか見る事はかなわなかった。残念だ。 とりあえず、特別展と常設展示を見て回った。なんだかんだで意外と特別展ばかりで理工館の1階の常設展はあまり見たことがないのだが、それ以外はいつも通りだった。 一応バブル時代に小中学生と過ごしてきた身だが、科学館の高度成長時代とかバブル前時代みたいな雰囲気でありながらところどころに新しいものがあるという所はけっこう好きだったのだが、新しい科学館がどんなものになるのかも楽しみだ。 特別展はいろいろと昆虫のことを展示していたが、特に気になったのはミウラ折と昆虫の立体映像だ。立体映像は生命館の地下のホールの立体映写と同じ偏光型のものだったが、久々に見ると何か変な感じだ。ミウラ折は幾何学かベクトルの何かの授業で習ったことがあるものだが、もう何年も前の話なのでいろいろと忘れているのが残念だ。あと蜘蛛の糸のロープも現物は始めてみるものだった。ロボテクスの展示はちょっと疑問なところもあったが、おおむね楽しめた。
 その後松屋で軽く昼ごはんみたいなものを食べて用意をしてWCSの更衣室へ向かった。今日は疲れたのでWCSの話しはまた後日書くことにする。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

猫又丸

Author:猫又丸
零細個人サークル、ねこたび研究所創立メンバー 所長兼第一研究室主任研究員。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。