スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 一休み

 特に書くこともないけど何となく更新。
 今日は夕方までネームを書いていた。はじめからいまひとつ考えがまとまっていなかったのでどれも何となく納得がいかないのでしばらく考えていそうだ。要はアサトとコノエがにゃんにゃんしていればいいのだけど私のコノエはなかなかそうはさせてくれない。 完全に脳内設定に振り回されていて自分の妄想を発揮できないヘタレな創作者です。
 夕方は暗くなる前に自転車のパンク修理と整備をした。近くの道路がちょっとした工業道路でいろいろなものが落ちていてよくパンクする。平均すると1ヶ月に1回ぐらいはパンクしている感じだろう。おかげでタイヤのチューブが張りぼてになっている。他のクラスメイトもパンクには大分困っているようで、特に私のように自前でパンク修理をしない人たちには出費が重荷になっているようだ。 ちなみに今回はホッチキスの針のような針金が刺さっていた。
 その後は気分転換に近くの町まで出て100円ショップや文房具店めぐりをして来た。ついでにトーンや原稿用紙の価格調査もして来た。去年の新刊はペン入れまでは紙で済ませて、写植やテクニカルな図はデジタルで入れたが、どうしても使えるスキャナーが安定していなくて、印刷会社の人にも斜めになっているとか影が不規則に入っているという点を指摘された。ある程度見える範囲はフォトショップできれいにしたつもりだったが、プロが見るとまだまだ甘かったようだ。 そこで今回はフルデジタルか、フルで手描きかと考えて手書きにした。自前でフォトショップを持っていないし、ペンタブも今は持っていないというのが一番の要因だ。コミスタはペンタブを買ったときのバンドルで機能が制限されてはいるものの一応持っているのだが、あまり使いやすいとは言えないし、ペンタブが無いとどちらにしても厳しい。 それ以前も同人誌に関しては手描きだったのだが、日本の原稿の規格やシステムでやるのは今回が初めてなので日本の規格に合った原稿用紙を用意する必要があるし、鉛筆やマーカーで陰をつけていた所はちゃんとトーンを貼らなければならないので結局全部揃えなければならないようだ。 いっそのことデリータとかICから出ている入門キットみたいなのを買おうか。と考えながらデリータのカタログを見ていたのだが、トーンだけのセットはそこそこ割安なのだが、他の道具が入ったセットはそれほど安くなっていないようだ。 あと、古い原稿が行方不明になったときに一緒に写植スケールもどこかに行ってしまったようだ。こういうのは日本ではどこに行けば買えるのだろうか。 
 その後、またまた郵便物があったので何かと思ったらまたまたナノテクだった。9通の封筒の中に34枚の招待券がはいっていた。もはやどうしろというのだ。 一応回りに行きたい人が居るか聞いてはいるがあまり研究サイドに居る人が少ないので反応はない。
 こう書くと何か充実した一日を送っているように見えるが、実際はそうでもない感じだ。 あとは夕飯の用意の合間に包丁を研いだ。どこぞのディスカウントショップで買った安物なのでいまひとつな出来なのだが、まだ何もしないよりはましなのでよしとするしかない。 先週まで実習中は備品室のお高い砥石を使っていたので余計に安ものっぷりが気になる。

ナノテク券2

ナノテク券1
スポンサーサイト

 春休み

 春休みも本格的に始まって1週間たったわけだが、案の定予定通り進むと言うことが全く無い。 一応計画の上では、まず、夏に向けて新刊の原稿を書いて、その後、普段ためていた服の補修をさっさと済ませて新しい衣装を作ると言うつもりであったが、例によってなかなか考えがまとまらないので原稿のネームの段階でのろのろしている状態だ。
 夏はコミケに受かっていればコミケ一本で行くが、落ちていたら動画製作をするか別の衣装を作るかどうするかはまだ考えていない。 夏の新刊のネームは今の案のものは半分は済んだが、それまでに考えがまとまらずにうだうだといろいろなものを描いていたのでやたら時間がかかっている。一つのことを書こうと書き始めると別のねたが浮かんできて集中できないし、両方のネタをうまいこと併せて両方書こうと欲張るとまた変な事になって書き直しになるし。 この過程が楽しいと言えば楽しいものではある。実際いろいろネームを考えているとき(現実味を持って妄想しているとき)も漫画を描く楽しみの一つでは無いだろうか。何も買わないと言う予定でウィンドウショッピングをするよりもどれを買おうか考えながら店をうろつく方が楽しいと言うのと同じことだと思う。 今のところネームの方は大体ストーリーの大筋が決まった感じなので大きく変更しようとするとまた1から書き直しと言う段階だが、コミケ申し込みの短冊に書いた内容とはちょっとずれている感じだ。 短冊にはアサコノほのぼの系見たいな事を書いたが、伏線を張っていて面白くなってきたので前振りのためにアサトが痛い目見ているシーンが長くなりすぎた感じがある。まあ後半の甘々のシーンを引き伸ばせばバランスは戻せるだろうけど、ページ数が増えて、読んでいる方がより長く私のしょうも無い絵を見ていなければならなくなると思うと悪い気がするのでとりあえず今のままで行こうと思う。
 あと、今日あったことといえば、珍しく郵便受けに請求書以外のものが届いていたことだ。何がきたかというと、来週のナノテクの参加証だ。本業の関係で東京ビックサイトにはこういった学術的と言うか、研究関係の用事で行くことが多いのだが、別に研究室から派遣されていくとかそういう事はあまり無いのでどちらにしても見たいものを見ながら歩き回っていることには違いない。 ナノテクは夏コミの時にはすでにビックサイトに広告を出していたが、ああいうのを見てコミケに来た多くの方々はどう感じているのか興味があるところだ。前回の冬コミで併せとかでご一緒させてもらった方も理系の研究の方らしく、予定が合えば行きたいみたいな事も言っていたような気がするのでやはり、全く技術系とは関係の無い方の視線での感想と言うわけには行かないだろう。
11-02-11_01-51.jpg

特に何もしなかった

 今日は久々に何もたいした事をしていない日だった。したことと言えばコミケの参加費の振込みと日本医学総会の参加費の支払い、ロスにいる友人宛の小包を送って、明日の集まりの場所を予約したぐらいだ。会場から折り返し連絡の電話がかかってくるということだったが、23時になってもかかってこないので一応明日もう一度電話してみようと思う。 本来ならネームを進めるべきところだがあとはしばらく部屋の掃除をしていたぐらいだ。

 特に面白いことも無かったので、どうでもいい事を書こう。 様々なところへ行ったり、仕事の関係でいろいろな人に出会うが変わった名前というのは何かとおもしろいものだ。学校の関係で出会って長く友人として関係が続いている人、趣味の世界で意気投合して付き合っている人、中には私の元に来たときにはすでに故人となってしまっている方もおられる。 そんな中、DQNameはもとより、何かのキャラクターの名前とかも気にしていると面白いものだ。職務上の秘密となるので細かい事はいえないが、ラメントのキャラ名ではけっこう知っていると思う。やはりアメリカにいた時は多くて、最初に出会ったのがライと言う苗字の人だ。けっこう趣味も合うので最後の年はルームメイトをしていた。カルツという人も居た。向かいに住んでいて同じ学校でビジネスを勉強していた人でよくスケートボードを乗り回していたのを覚えている。アサトという人も居た。バルドもいたし、コノエという人にも出会った。 なかなか居そうで居ないのがトキノという名前で、日本に来たらいつか見かけるかなと思っていたが今のところそういう人には出会っていない。あとミナは知らないがカヤも見たことあるかな。 何かそれほど多くもないがこんなものかな。  何を言っているのか良く分からないポストだが、そんな日もあるということだ。

 久々にゆっくりした

 春休みが始まって2日目。 とはいっても提出物の提出指定日があったのでその時間にいられるように学校にはいた。提出物とは言っても今日の提出は手紙だったので、他の普段の提出物とは異質だった。手書きの手紙なので久々にタチカワのGペンを出してきて手紙を書いた。以前のペンがつぶれてからインキペンを使うのは昨日の一昨日のサークルカットの作成も含めて変な感覚だった。
 提出物が済んだあとは、友人と別の部活の部室へ行ってだらだらしていた。そこでその友人と64をしたり漫画を読んだりしていただけだが、これだけ時間の無駄のようなことを出来るのも久しぶりだ。テレビゲームをするのなんかは5.6年ぶりだろうか。友人が一人でゼルダをしている間に読んだ現視研もけっこう久しぶりでいろいろと考えてしまった。私が所属している数学研究会もその上位団体である文化部連合会もおたくの巣窟だし、特に電子工学研究会と数学研究会は濃い集団だという感じだ。ただ、所詮学術団体なので部室でゲームとかそういう事はやっていないのだが、いろいろなおたくねたを考察しているといった感じに留まっている。とか言いながら数学研究会と漫画研究会だけがコミケに出ている団体だという不思議。
 それはともかく、そのせいでコミケのサークル参加の振込みに行こうと思っていたのを忘れていた。明日行くことにしよう。 夕方に日本医学総会の申し込みもしたのでその参加費も払いに行かなければならないし、ついでということでちょうど良いかもしれない。

東京に行った

 春休みが始まったので、東京に行ってきた。 とはいっても、あまり遊びに行くと言う訳ではなく、炊飯器が調子が悪いので保障期間内に修理に出そうということで持っていくことにした。 東芝の炊飯器なのだが、大分前から画面がおかしくなって時計が止まってボタンをおしても反応しなくなることがあって、その間は時計も止まっていてそのたびに時計を直していた。それだけなら炊飯予約だけの話なのでいいのだが、ついに先週、炊飯中にそれが起こって生炊けのご飯が出来てしまったのでさすがに困るのでわざわざ修理にもって行くことにした。
 あとは次の衣装の作成に向けて材料を少し買いに行った。本当は必要な材料を一気そろえてしまいたがったが手持ちのお金が無かったのでとりあえず大きな店に行かないと無いようなものだけを買った。 地元のホームセンターではシリコンの型抜きに必要な材料が全くそろわないので、東京でよく行くホームセンターに行ったがそこにも無かったので割り高にはなるが、東急ハンズでそろえた。そこのキャストのコーナーの店員さんがいろいろアドバイスをしてくれたので大分助かった。 特にブランドごとの違いとかはいちいち買って試してみるわけらも行かないので経験豊富なスタッフがいるとありがたいものだ。 商品は高くてもテクニカルなアドバイスや品揃えでカバーできるという点があると少しぐらいは高くてもそこへ買い物に行く気にはなる。 東急ハンズはいつも何かしら目新しいものがあるので面白いのだが、今回は染めQ なるスプレーが目に付いた。塗料の粒子を細かくして定着性を向上させた染料インクのスプレーといった感じのものだが、サンプルを見るになかなか使えそうなものだ。今度タフな塗装が必要になった時は考えてみよう。 あと、ユザワヤに寄ってミリペンもどきとゴムを買ってきた。 昨日のサークルカットのときの不便からある程度マーカー類も使えるものを用意しておかないといけないと思った。ゴムは伸びたパンツの交換用ともちろん衣装製作にも使うつもりだ。 蒲田店ほどではないがいろいろとそろって助かる。こういうのを見るといつも海外のレイヤーと日本のレイヤーがいかに違う条件で衣装製作をしているか感じざるを得ない。 今回は耐久性があるゴムが欲しかったのでちょっと良さそうな物を買った。その分高いけど、高くてもいいものが手に入るのが日本のいいところだ。 

プロフィール

猫又丸

Author:猫又丸
零細個人サークル、ねこたび研究所創立メンバー 所長兼第一研究室主任研究員。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。